奄美群島「与論島」の観光スポットのご紹介です。

奄美群島

奄美群島のうちのひとつ「与論島」についてご紹介します。

与論島は「癒やしの島」ともいわれる鹿児島県最南端の海に囲まれた小さな島です。
沖縄本島まではわずか23kmの距離に位置します。
奄美からは飛行機で45分、船では約8時間程かかります。

与論島一周の距離は約21km、人口は約5000人の島です。
1984年11月14日、観光地としてのグレードアップ、文化の創造、国際交流の推進のため、
ミコノス市にて同市との姉妹都市提携が結ばれました。
そのため、島内にはギリシャを思わせる建物や、道路など、建物が置かれています。

白い建物がとても青空に栄える与論空港。

百合ケ浜

春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけに姿を現す真っ白な砂浜です。
大金久海岸の沖合い約1.5kmに干潮時だけにぽっかり浮かぶのが百合ケ浜。
大金久海岸から、グラスボートやジェットで連れて行ってもらいます。
※百合ヶ浜は、時季、潮などの影響で出現しない事もありますので、
行く際は、時期を確認して行って下さい。

こちらの写真は4月のかくれ浜です。
海で囲まれヨロンブルー、白い綺麗な砂浜、まさに楽園です。
海がめが泳いでいるのも間近で見る事ができました。

星の砂もあるので是非見つけてみてください。

コーラルウェイ

空港の近くにある、サンゴでできた白い道が続きます。
周りは緑で囲まれ、青と緑と白のコントラストで写真栄えもばっちりです。

ヨロン駅

ヨロン島には電車は通っていませんが、「ヨロン駅」という名の駅のモニュメントがあります。
5メートル位のレールの上に乗った車輪と駅名標、ゲートがあります。
是非、記念撮影を。
夜は綺麗に星空が見える人気スポットです。

尾道遊歩道

ヨロン駅の先に続く遊歩道。海を見渡せお散歩するのにとても気持ちのいい場所です。
ここから、水平線に沈む綺麗な夕日を見る事ができます。

与論民俗村

昔の民家や民具をそのまま残す屋外民俗資料館があります。
島の暮らしと文化を深く知ることができます。

赤崎鍾乳洞

ヨロン島はサンゴ礁が隆起してできた島。
その大地が地下水によって侵食され、長い年月をかけて造り上げられた
大自然の彫刻が赤崎鍾乳洞です。

寺崎海岸

映画「めがね」の撮影場所となった海岸です。
体操シーンやかき氷屋のシーンで使われたビーチです。
砂浜の砂がとっても細かくてきれいです!ゆっくりのんびりできるビーチです。

ウドノスビーチ

茶花の近くにあるシュノーケルも楽しめる穏やかなビーチです。

Yoron Seaside Garden

海は目の前、素敵なお庭が広がる素敵なガーデンカフェです。
入場料は500円で、入場料にはお飲み物のサービスが含まれています。
ハンバーガーやワッフルのフードメニューもありました。
ここから眺める与論ブルーは最高です。綺麗な景色を見渡せリラックスして過ごせるカフェです。

海岸通り

島の中心街、茶花海岸目の前、ランチはもちろん夜も営業しているカフェ。
メニューもお腹がすいた時にがっつり食べれるメニューから、
デザートと豊富で
とても美味しかったです。

蒼い珊瑚礁

与論島名物「もずくそば」とても美味しいので是非食べてみて下さい!
食べた後は、目の前のパラダイスビーチへ。

他にも、与論島には綺麗なビーチ、観光スポット、海底にある海中宮殿があるダイビングスポット、
お洒落なカフェが沢山あります。
天気が良ければ、レンタサイクルをして自転車で回るのもオススメです。

どこまでも続くヨロンブルーにとても癒されます。

水平線に沈む与論島の夕日も是非見てほしい景色です。
日常を忘れ、ゆっくりのんびり時間が流れているような気分にさせてくれます。

鹿児島県在住の方は、離島割引カードを使えば、与論島へお安く行くことができます。

離島割引カードについてはこちら

 

是非、与論島へ遊びに行ってみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました