巨体な板根を持つサキシマスオウノキ

奄美大島

奄美大島にとても神秘的な木があるのでご紹介します。

奄美大島の南部、瀬戸内町油井にパワー溢れる不思議な木があります。

干潮のみに行ける道のりですが、しばらく砂浜を歩いて、、

茂みに入っていくと、、

奄美大島最大級の大迫力のサキシマスオオノキが現れます。
写真ではあまり伝わらないので、直接見てほしい、、

とにかく根が巨大で板の様で迫力が凄いんです!!

サキシマスオウノキは、アオイ科の常緑高木で、日本では特によく板根を発達させる木として有名です。
熱帯域に多く日本では、奄美大島、沖縄島、石垣島、西表島が成育地だそうです。

サキシマスオオノキは「鹿児島県絶滅危惧Ⅱ類」に指定されています。
観察の時は足元に気をつけ、根っこを傷つけないように気をつけて観察しましょう。

ここまで巨大なサキシマスオオノキの板根、とても貴重なのでいつまでも守って行きたいです。

案内板の設置はなく、ハブ出没の危険性もあるので、気をつけて観察して下さい。

見学は奄美の専門のツアーガイドさんに依頼する事をおススメします。

タイトルとURLをコピーしました