奄美大島 雄大なマングローブ原生林でカヌー体験

奄美群島

マングローブ原生林

奄美大島の南部にある住用町には雄大なマングローブ原生林が広がっています。
太平洋に面した住用川と役勝川が合流する地帯に原生林が発達しています。
ここは国定公園特別保護区になっています。
熱帯・亜熱帯地域の湿地帯や海水と淡水がまじりあう干潟に生息する植物の総称です。
住用のマングローブはメヒルギとオヒルギという木からなっています。
複雑に入り組んだ根っこは、いろいろな生物が生息し、命をはぐくんでいます。
役勝川と住用川が合流する河口域にはマングローブ原生林が71ha以上にわたって広がっています。
世界自然遺産の区域になっています。

奄美大島の自然を堪能できるマングローブカヌーツアーが観光客の方にとても人気です。
マングローブカヌーツアーをしているお店は何件かあるのですが、
以前、「マングローブ茶屋」で体験してきたので紹介します。

まず、ここで受付をしてから乗り場まで車で移動します。

動きやすい格好・靴で行ってください。(乗り場にサンダルの貸出しありました。)
カヌーは1人乗りと2人乗りがあり、小さい子供にはお子様用のシートもあるので
ご家族連れの方も楽しめます。

ライフジャケットを着て、スタッフの方にパドルのこぎ方、方向転換のやり方、
止まり方を教えてもらい、乗り場から出発。
カヌーは安定感があるので初めてでも安心して乗ることができます。

群れでお魚も泳いでいました。のんびりとマングローブや、生物を観察し、
奄美の大自然を満喫しながらパドルをゆっくり漕いで行きます。

マングローブのトンネルにたどり着きました。
干潮時は水かさがなくカヌーで入る事が出来ないので
事前に時間を確認して行くのがオススメです。

複雑に入り組んだ根っこには自然のパワーを感じます。
ここでしか見られないような、色々な生物が生息し、間近で見ることができました。

住用町のマングローブはメヒルギとオヒルギという木からなっています。
これはまだつぼみの状態のオヒルギの花です。
内側に黄色からクリーム色っぽい花びらを咲かせます。

写真を撮ったり、疲れたら休憩したり、
のんびり自然を満喫しカヌーの水中散歩を楽しむことができました。

マングローブ原生林は、潮の干満、満潮により姿を変えます。
是非、マングローブ原生林にカヌー散歩して奄美の大自然を満喫してみてはいかがですか。

マングローブ茶屋
住所:鹿児島県大島郡住用村役勝7
電話:0997-69-2189
HP:http://mangroveamami.com/

タイトルとURLをコピーしました